エキセントリック花嫁

遠距離新婚さん

考えました

なるほど。


私は特殊な父親のもとで育ったから、人に妥当な金銭を要求すると怒られる(少なくとも、機嫌が悪くなったり、はぐらかされたりする)と思っているのか。

だから、最近の諸々の支払いが遅れていることにあそこまで腹を立てたのか。

本当は、怒っているというより、怒られるのが怖かったんだな。


顔合わせの件も、自分の父親や母親の機嫌を損ねるのが一番怖かったんだと思う。結果的に父親は大丈夫だったけど、母親は部分的にちょっと怒っていた。でも、母親がそういうことに関して全く怒らない人だったらどうだろう?私はあそこまで怒っただろうか?


確かに、自分の中の基準と比べて違和感を覚えたから怒った。でもやっぱりその基準は、大多数や影響力のある近しい人に反対されると、もろく崩れ去るものなのだと思う。


例えば無人島で二人きりで生活していたならば、この間のことは全く気にならなかっただろう。周りに人がいるからこそ、摩擦が生じて苦しいんじゃないか?


でも、一生に一度のことだから、私の家族(の文化)に合わせて欲しかったのも本音。何が正しいか、というのは置いておいて、妻になる人の家族なのだから、気を遣って欲しかったんだろう。


やっぱり夫には母親に嫌われるよりは好かれて欲しい。以前板挟みになって、悲しい思いをしたことがあるから。




怒ることで彼に嫌われるのは怖かったけど、もやもやを抑え込んだまま一緒になりたくはなかった。母の二の舞になるから。


確かに惚れたのは私だけど、惚れた弱みにつけ込まれるのは嫌だ。しかし、惚れた相手だからこそ、見返りがなくとも何かしてやりたい、力になりたいと思うのも事実だ。


要はバランスなんだろうな。今私はそれを学んでいる最中だから、きっとまだ分からないんだろう。でも私は、恋人から無償の愛というのを学んだから、子どもが生まれたりすることで愛に対する理解が深まっていくんだと思う。