エキセントリック花嫁

少し変わった妻と少し変わった夫

真冬の南国

今更ではあるが、我々がバカンスを過ごした場所は、かの有名な「天国に一番近い島」である。恥ずかしながらその小説の存在すら知らなかったが、母親世代には大人気のようだ。「ザーッと降って、からりと晴れて」という、ニューカレドニアが舞台となった秦建日子さんの小説はこの間買って来た。すっかりニューカレドニアファンになってしまったので、読み終わり次第、森村桂さんの作品も読みたいと思う。


今専ら夢中になっているのは前野ウルド浩太郎氏の、「バッタを倒しにアフリカへ」である。たまたま、国内線の便が遅れてふたり合わせて¥1000の喫茶券をもらったため、本屋で使えるか尋ねたところ、使えるとのことだった。何を買おうか悩んでいると、入り口付近に平積みされていて、興味があったのを思い出したのだ。読みたいけど、自分の金は払いたくない。この本を買う絶好のチャンスだった。夫は、快く選択権を譲ってくれ、念願のバッタの本を買うことになった。もうすぐ読み終わるが、随所に写真も盛り込まれており、全く知らない文化や仕事について楽しく学ぶことができる。ただ、自分はバッタ博士にはなれないな、と思った。小さいバッタは好きだが。


外国人のカップルは、年齢を問わずイチャイチャしている。しかし、なぜか絵になる。日本人は相変わらず、慎ましく手を繋いでいるくらいだった。私の夫も、スキンシップが(少なくとも私よりは)激しい方だがすっかり慣れてしまった。外国に行けば、こんなにも普通なことなのかと思った。肩を抱き合って歩く老夫婦は、むしろ微笑ましかった。


南国に行けば虫がたくさんいるだろうと覚悟して虫除けや虫刺されの薬を何種類も持って行ったが、実際に使うことはなかった。むしろ、帰国した途端3ヶ所くらい刺された。向こうは真冬だから当たり前か。一応、気温は20度前半なのだけれども。

カーディガン一枚では寒いくらいだった。色の黒い人たちは薄いダウン的なものも着ていた。やはり、肌の色で寒さへの強さが変わるのだろうか。白い人たちはビキニで海を泳いでいた。


f:id:misochaduke:20170809154453j:plain

(最近のマイブーム。刺し子。他には写真やゲーム、読書などが趣味である)


夫がこのブログの存在を忘れている気がする(笑)。寂しい。彼はひとりで寂しくないのだろうか?いや、寂しいと言っていたが。遠距離新婚さんとは、かくも辛いものか…。