エキセントリック花嫁

遠距離新婚さん

しんぽ

恋人の戦いが終わった。

本当にお疲れ様。自分で険しい道を選んで、それを全うしたね。

何かを目指して頑張る恋人の姿はかっこいいです。それを素直に応援できない(寂しいから)私はちょっとダサかったね。

私に邪魔されながらよくがんばった。今私にできることは、彼の勇姿を讃えて癒してあげることね。今度会ったらハグしてあげよう。いつも以上に。


さっき思いついたんだけど。昔の私はHELPを槍みたいな形で周りに出してたのね。それも近しい人に。「助けて!助けて!!」って言いながらグサグサ刺してた(笑)。痛いよね。

今でも昔の気持ちや言葉は出てくるの。自動思考だから、反射みたいなものね。「む?」っと思ったことに対してポッと「何で私がそんなこと言われなきゃいけないの!!」みたいな感じで槍がニョキッと出てくる訳。

昔はそれを刺してたんだけど、今は、「それ刺さなくてもいいよ」って言えるようになった。っていうか、やっと昔の自分が「助けて!!」って言ってたんだなって分かってきたんだな。自分の思考を客観視できるって、なんか、気持ちいい。

だから今は、槍は出てくるんだけど、「いいよ」って言うとスッて置く。これを繰り返していけば、槍も出てこなくなるんじゃないかな。


この間も、恋人がいつもより早く帰るのが寂しくて(と言っても18時過ぎ)、悲しくて泣いてしまったんだけど、「あぁ、自分は一人で寝るのが寂しいんだな」って認識できた。感情がぶれてる中で、私が自分の気持ちを認識できるのはかなりの進歩。結局恋人を少し足止めしてしまったけどね。でもなんとか笑顔で送り出せた。恋人ありがとう。


自分の進歩を素直に認められるって気持ちいいな。過大評価でも、卑下でもなく、そのままを受け止めるって気持ちいい。久しぶりだ、こんな気持ち。


明日は何をしようか。ウォーリーが見たいんだよね。ウォーリー探したい(笑)。図書館に行こうかな。


それでは。