エキセントリック花嫁

遠距離新婚さん

悲しいお話

真季は昔からずっとショートヘアーだった。

サバサバした性格が女子に人気で、そういうところが俺も好きだった。同じ漫画のファンだった俺たちは自然と話すことが増え、ふたりきりでも過ごすようになった。7年間の交際ののち、俺たちは苗字を同じにした。そして今年、真季が妊娠した。


俺の出張が決まったあと、妊娠はすぐに発覚した。出張といっても半年間ある。単身赴任みたいなものだ。学生時代から遠距離恋愛が続き、やっと一緒に住めるようになったかと思えば、そんな生活は1年しか続かなかった。新人の宿命か。

「別にいいわよ。これからずうっと一緒にいるんだし」

と、真季は笑った。本音を隠して笑うのが、彼女の癖だった。本当は、初めての妊娠が怖いのだ。見た目のために誤解されることが多いが、彼女は思ったより脆く、弱い。それを含めて、俺は真季が大好きだった。


妊娠も7ヶ月目に入った頃、真季の幼なじみがお祝いに来たいと言い出した。出発の前日だったが、真季の嬉しそうな顔を見て、「いいよ」と言った。これから彼女には寂しい思いをさせることになる。できるだけのことはしてやろうと思った。

「ごめんね、急に。たまたまこっちに来る予定があってさぁ」

会いに来たのは男だった。詳しく聞いていなかったのだが、勝手に女友達だと思い込んでいた。学生時代から友だちの多かった彼女のことだ。仲のいい男友達くらいいて当然だろうと、気にしないことにした。

彼は槇山と言った。幼なじみといっても、幼稚園時代に一緒だっただけで、その後大学のサークルで再会したのだという。そんな話は一度も聞いたことがなかった。昔、俺の嫉妬が原因で別れ話に発展したことがあったから、真季も控えていたのだろう。しかし、なぜ今になって?

「これが真季の旦那さんかぁ。いやぁ、いい男捕まえたなぁ」

笑いながら、男が真季の肩を小突く。真季も微笑みつつ、照れ臭そうにしている。「真季」ってなんだ。呼び捨てか。胸の奥に、ピリッと小さな嫉妬が疼く。

男は真季に妊娠祝いを渡し、想い出話に花を咲かせ始めた。もちろん俺の知らない話だ。食事に集中しつつ、耳を傾ける。

「でもさぁ、大学ん時とか、俺と結婚したら…ってよくからかわれてたよな」

「そうそう、“まきやままき”になるって…」

ガタン!

瞬間、反射的に立ち上がっていた。二人がびっくりして俺を見上げる。

「どうしたの?」

「ちょっと…コンビニ行ってくる」

思いつきの言い訳を残し、俺は家を後にした。それ以上、あの空間にいられる自信がなかった。俺の知らない男が、俺の知らない真季の話をしている。それだけで腹が立って仕方がなかった。

“コンビニってセブン?アイスも買って来てほしいな”

何も察しない真季のメールにも苛ついた。本当に子どもだったと思う。その夜はホテルに泊まり、そのまま俺は出張へと向かった。


“槇山くん、もう帰ったよ。どこまで行ってるの?”

“明日出発でしょ?大丈夫?”

“先に寝てるね、オヤスミ”


俺は真季からのメールに返信できないでいた。真季はいつもと変わらない態度だった。そういえば、真季が狼狽えた姿はあまり見たことがない気がする。あるとすれば、俺が別れを切り出した時と、お義母さんが亡くなった時くらいか…。黒い服を着て、項垂れる真季の姿が浮かんだ。その翌年、俺たちは結婚した。


“昨日、帰って来てないの??荷物足りてる?”

“何かあったら連絡ください”


出張に来て一週間が過ぎたが、相変わらず返信はできていない。当初の予定では週一で帰るつもりだったが、このままでは合わせる顔がない。きちんと謝らなければ…。


そうして行動に移せないまま、また一週間が過ぎた。ある日、途絶えていた真季からのメールが急に届いた。いつもとは違う文面に、俺は釘付けになった。


“お疲れ様。今日の調子はどうかな?

たっくん、槇山くんのこと怒ってるんだよね。ごめんね。きちんと説明してなくて。


私ね、槇山くんのお兄さんのことが好きだったの。初恋だった。でも、彼、持病を患っていたの。それはとても重くて、現代の医療では治せないものだって。離れてからも、ずっと手紙でやり取りしていたんだけど、ある日、弟から返信が来たの。彼、亡くなっていたのね。死ぬ前日まで手紙を書いていたって。それから、槇山くんはずっと私のことを気にしてくれてるの。思い出したくなくて、でも、たっくんには紹介しておきたかった。私の大切な人だから。”


職場のビルの出入り口で立ち尽くしたまま、メールを読んだ。真季からこんなに長いメールが来たことはなかった。無言でスマホをスクロールし続ける。


“たっくんに嫌な思いさせてごめんね。帰ってくるの待ってるよ。”


俺はすぐさま電話をかけた。今すぐに会いたい。会って謝りたい。しかし、出たのは槇山だった。


『もしもし?真季の旦那さんですよね?あぁ、やっと繋がった…』

なんでお前が出るんだ?真季は?と矢継ぎ早に質問すると、思いがけない答えが返って来た。

『何回連絡したと思ってるんですか!?事故に遭ったんですよ!今も意識が戻らないんです!!』

何を言ってるんだ?事故?誰が?様々な疑問が頭を駆け巡った。あまりの多さに、脳が情報を処理できずにいた。

『車に轢かれたんです!!あいつ、あんまり眠ってなかったみたいで…。意識不明の重体です!!もしもし?聞いてます!?』

電話を切る前に、タクシーに飛び乗った。







死に目には間に合わなかった。ただ、事故あったというのに、真季は綺麗な身体をしていた。漫画に出てくるような、本当に綺麗な顔だった。

奇跡的に、胎児は助かったという。未熟児のケースに入って、一生懸命息をしている。名前の欄は空白だった。


「まき…」

ふたりきりにしてもらって、真季の手を握る。なぜか暖かいような気がした。

「ごめん、俺、取り返しのつかないことを……」

二度と届かない言葉を繰り返す。真季はただそこに、静かに横たわっていた。

もう謝ることもできない。手を繋いで歩くことも、抱き合うこともできない。一緒に笑いあったり、漫画について語り合うことも。

悔しくて、悲しくて、涙が出て来た。同時に、俺たちの子どもに会えた嬉し涙も出て来た。感情が溢れて、訳が分からなくなっていた。それくらい、真季に戻って来て欲しかった。


真季は脆く、弱い存在だった。でも、人間なんて焼けばみんな煙になってしまう。人間自体が、元々、弱い存在なのかもしれない。そんなことを考えながら5年ぶりの煙草を咥えていると、槇山が話しかけて来た。

「その節は、どうも…」

と深々と頭を下げられる。つられてこちらも頭を下げる。槇山は、彼女が重体になってから、ずっとそばに居てくれたらしい。兄のことがあったから、より思い入れがあったのだろう。物思いにふけっていると、彼がおもむろに語り出した。

「俺、旦那さんが羨ましかったです。真季が心を開ける相手って、どんな人なんだろうって。思ったより普通でした。でも、彼女には特別だったんでしょうね」

彼も煙草に火を点け、煙を吐き出す。真季と一緒に、空へ昇っていく。俺はふと、思いついたことを尋ねた。

「お兄さん、なんて名前だったんです?」

「恵一、ですけど…」

怪訝そうな顔をする彼を尻目に、頭の中で語呂を考える。いいじゃないか、“恵一”。

俺は役所へ提出する紙を取り出し、ペンを走らせた。俺と真季の赤ん坊の空白を埋めるために。


ー終ー



美部

美部と書いてびぶ。

帰国してから体重増加がかなりやばいので、ひとり部活を立ち上げることにした。痩せることだけに重きを置かず、より健康に、より美しくなるための部活である。男女問わず部員募集中。


現地の人々は横断歩道で待っていると必ず止まってくれる。なんでも待つのが苦痛ではないらしい。のんびり親切ないい人たちだ。

主に漁業で稼いでいるらしいが、漁で使うブイを家の前に吊るしていて、その数が多いほど裕福なんだとか。漁のたびに持っていくのかね。

また、純粋な心の持ち主で、滅多に盗みなどは起こらない。私も、初めての海外旅行で緊張していたが、最後らへんは荷物から目を離すことも多くなった(他の国では絶対ダメ)。

なんでも、実用的なものが人気らしく、財布とタバコを置いていたらタバコだけ盗まれたという話もある。不思議だ。

街は落書きで溢れていたが、ゴミが落ちていることはなかった。日本の方が汚いと思う。やはり、働き者だから、逐一ビーチを掃除してくれているのだろうか。ホテルの周りを掃いているのを滞在中何度も見かけた。

ホテル自体も、まぁ日本に比べ設備は劣るが、綺麗にされていた。特に離島の方。趣があって、とても気に入った。ぜひまた行きたい。

それにしても、海外に行って改めて日本について気づくことがあった。トイレのハイテクさと、従業員の丁寧さだ。どちらも日本独自で、世界レベルの水準だと思う。向こうは便座がないこともしばしばだったので、日本で温かい便座に座った時はホッとした。

そして従業員の腰が低い。いや、海外の態度がでかいのか。プールの監視員なんか全然こちらを見ていやしない。ずっとイヤホンをつけてスマホを見ている。脚でリズムをとっているので、音楽でも聴いているのだろう。それで給料がもらえるのだ。昼休みは2時間。羨ましい(笑)。

しかし、お休みの多いフランスと少ない日本では、ある研究の成果が同じくらいだと聞いたことがある(バッタの本より)。結局、長く働いたって効率が落ちるだけってことだろうか。時間を限られた方が、集中する気もするな。


f:id:misochaduke:20170807212327j:plain

(写真は旅行中夫が手に入れてくれたアルテマウェポン。イチゴ味。おいしい)

ペコ

自分が今まで似ていると思った芸能人はいないが、

強いていうならペコではないだろうか。

つり目で口が小さく、頰がふっくらしている。黒髪だしメイクもあまりしないが、彼女を縦と横に伸ばせば似ている気がする。


ネムーンについての記事が続いていたが、帰ってきてからはドラクエ11をしている。夫がファンなので買ってくれたのだ。私にとっては初めてのドラクエとなる(モンスターズはしたことがあるが)。

あとは互いの実家に行き、お土産を渡して少し話した。夫はあと1ヶ月もせずいなくなってしまうので、できれば式の準備も進めたい。


私は実家へ戻り、毎日茶色いモフモフを触っている。暖かいモフモフを1日15分触ると、ストレスが軽減されるそうだ。今日もモフモフする。

現地の人々

現地の人は少し黒い。そしてガタイがよく、力持ちだ。イルデパンのホテルのおばちゃんはひとりで我々のキャリーケースを運んでみせた。

彼らはメラネシアの人々で、フランス人が嫌いで日本人が好きらしい。昔日本人が住んでいた歴史もあり、今でもタナカさんとかヤマモトさんとかがいるらしい。顔も、なんとなく日本にいても違和感がない顔をしている。血が混じってるのだから、近く感じて当然か。

彼らはフランス語の他に自分たちの言葉を持っている。ただし書くことはできない。メルシーと言っても、英語で返事が返ってくるのは、フランス語を使いたくないのだろうか。

彼らは働き者だがのんびり屋さんでもある。お昼休みは2時間で、バスは時間通りには来ない。そもそも時刻表が少ない。

待たされても全く怒らず、のんびり話しながら待っている。逆に言えば、時間を守るという概念があまり無い。落し物は届けない。神様がくれた贈り物だ。旅行中に落とした物は、返って来ないと思った方が良いだろう。

トイレに便座が無いことがしばしばあった。ヤンキーが壊しているのかと思ったが、真相は、彼らの恰幅が良すぎてよく便座を破壊しているとのことだった。治安がいいから、ヤンキーはあまりいないのかもしれない。

宗教はキリスト教で、村には教会があった。日曜にはミサが開かれる。お墓は、色とりどりの花で飾られていた。摘んだばかりの花ばかりだった。こまめに手入れされているのだと思った。


腹を壊してでも食べたかったごはん

私は結局、ハネムーンのほとんどを腹を壊した状態で過ごしたことになるが、実際に丸々抜いた食事は無いと思う。

向こうは物価が高いのであらかじめ日本からカップ麺などを持ち込んでいたが、それを含めて意外と3食食べているのだ。

もちろん律儀に食べた分だけその都度排出されていたのだが、それでも食べたというのはよほど私の食い意地が張っているか、ごはんが美味しかったかのどちらかである。

フランス領なので、ごはんはおいしいと聞いていた。しかし、海の幸が売りだとも聞いていたので、私が食べるものはほとんど無いと思っていたのだ(私は海の幸が嫌いだ)。

実際は、海の幸以外にもパンや肉、日本食まで揃っていた。特にパンは、フランス領というだけあってとても美味しかった。そして安い。

そのおかげで、私はすぐに排出されることを知りながら食事を摂ることになる。結果、旅行先で倒れるということはなかった。不思議なことに体調が悪いのに腹は空くのだ。




私がこのブログを書く理由

①出来事を整理する

②考えを客観的にみる

③夫へ気持ちを伝える



ちょっと一回死んできた

お久しぶりん。

今さらではあるが、ハネムーンに行ってきた。行く前と行った後とでは、ハネムーンの意味合いが違うように捉えられた。前者はキャッキャウフフ、後者は、これから夫婦となる二人が病めるときも健やかなるときもお互いに支え合う練習、である。


もちろん楽しかった。特に私にとって初の海外だったので、手続きの煩雑さをぶん投げるくらいの感動があった。


しかしいかんせん、腹が痛かったのだ。いや、笑いごとではない。おかげで私は気分も機嫌も悪くなり、大喧嘩をしてしまった。夫はまた心に深い傷を負ってしまった。すまん。


いわゆる水あたりというやつだと思う。旅の途中で離島に行った途端腹を下した。今までに経験したことのない腹の下し方だった。おまけにいつもとは違う避妊薬のおかげで吐き気もあった。気分は最悪だった。


それでも、全てのオプショナルツアーに参加することができた。青い空の下、青い海を見ながらのサイクリングは最高だった。私が貧乏性であったのと、腹痛に波があったのがせめてもの救いだ。でなければ、せっかくのハネムーンで一日中寝ているところだった。


海外という心許ない場所で体調を崩すというのはとても恐ろしいことだった。しかし、そのおかげでたくさんの人の優しさに触れることができた。言葉は通じなくても、心は通じ合えるのだと感じた。


そして特に、夫には感謝してもしきれない。夫がいなければ、私は今頃無惨な姿でのたれ死んでいるかもしれない。彼は最高潮に機嫌の悪い私の八つ当たりを受けながらもスメクタというアルテマウェポンを手に入れてくれたのだ。いくら英語ができるといっても妻に罵られながら見たこともない薬を英語圏外で購入することは容易ではなかっただろう。腹が治ってから、彼は私の中で勇者になった。


病は気からというが、本当に病と気は繋がっているのだろう。未知の不安が私を押しつぶし、ついには爆発してしまった。多分、常用している薬があまり吸収されず、外に流れていっていたのだと思うが。


まだまだ修行が足りないと思わされた一件であった。そしてこれから、夫を大事にしなければならないとも思った。確かに夫にも足りない所はあるが、それは私も同じである。そこをお互いに補いあっていくのが夫婦。人生というダンジョンを共に進むパートナーなのである。


これからパーティの人数も増え、それぞれの役割にも変化があるだろう。変化を恐れず、流れに身を任せるのだ。なるようにしかならないことは、なるようにしかならない。腹を壊している時は、下すしかないのだ。


しかし結局治ったではないか。ガイドの言う通り、薬を飲んでから一度も下していない。お目当のマックにも行けた。何より、何ものにも代えがたい素晴らしい景色をこの目で見ることができた。自分の選択を、意思を全うできるのだと知った。


これから彼と生きるのが、少し楽しみになった。腹は下しても、心は下さないように。素直に助けてという気持ちが、大事なのじゃ。

「許し」

お久しぶり。

今日は父親が荒れてる。プリンター動かないだけで機嫌悪くなって、物に当たるんだもん。犬がかわいそう。


今日は私も大変でした。いつも散歩がてら登るちょっとした山があるんだけど、今日は下りで気分悪くなっちゃって。生あくびが出るし、まぶたは開かないし、目は上に向かないし。頭がぼーっとして、貧血みたいな感じ。

でも、ここで倒れてもしょうがないので、なんとか下まで降りました。熱中症なのか、なんなのか分からないけど、久々に倒れた時のこと思い出しました。


元々、生理をずらすために、トリキュラーからプラノバールに変えてるんです。プラノバールは、昔避妊に失敗した時、緊急に飲んだ薬。とても気分が悪くなったのを覚えています。

今回は、前回より量が減ってるのでそこまでないですが、やっぱりトリキュラーより強い薬なので副作用も強い。空腹時の気持ち悪さ、頭がぼーっとする、焦燥感、などなど…。説明できない辛さがあります。ホルモンすげー。


まぁ、いつもより負担かけてる訳だから、自分のこと気にかけとかないと。ハネムーン先で倒れたりしたら大変だしね。こまめに水分補給と、小腹が空いたら何か口に入れることを心がけます。


準備も明日完了します。リストもつくって、忘れものがないようにします。

初めての海外、不安だけど楽しみ。夫がいるから、きっと大丈夫。


家は荒れてますが、昨日餞別として我々夫婦あてにお金もらったのでよしとします。最近亡くなられた105歳のお医者様が、「許し」が大事だって言ってた。やられたからやり返す、ではなく、許す。難しいけど、許さないで一番苦しいの自分なんだよね。積極的に許していこう。


そうそう、今日の症状で、

あくび  だるい  目が開かない

で検索したんだけど、どうやら脳が酸欠状態らしいね。やっぱり血流がまだまだ戻っていないということか。安眠にはホットミルクがいいらしいぞ。最近牛乳から豆乳に代えてるから、何か欠けてるのかも?カルシウムが足りないとイライラするというし…。牛乳にあって、豆乳にないものってなんだ?小魚でも摂るか……。


それじゃ。今日から私の人生のキーワードは「許し」になったのじゃ。